木製家具のお手入れ方法
2017.07.26

広い部屋木製の家具は温かみがあり使えば使うほど味が出るので、時代や流行を問わず人気の商品となっています。比較的リーズナブルなものから、無垢材を使用した高級なものまで幅広くラインナップがあり、選択の幅が広い事も特徴として挙げられます。木製家具は天然素材であるため、湿気やカビ、乾燥などさまざまな要因で傷んでしまったりする事があります。しかしながらせっかく買った愛着のある家具ですので、少しでも長く大事に使いたいものですよね。その為には日頃からのお手入れが欠かせませんが、実際のところどのようにお手入れすればいいのでしょうか。
最近では木製の家具も手軽に通販で買うことが出来ます。一人暮らし用の小さなローテーブルや、ファミリー向けのダイニングソファーも通販で探せば沢山見つかります。最近のローテーブルの通販サイトや高級ソファーの通販サイトの中には、売って終わりという感じではなく、その後のお手入れなども含めた顧客との関係性を重視したサイトも沢山あります。お手入れ方法は家具の種類によって多少異なりますが、木製の場合はある程度は同じで大丈夫です。湿気やカビについては、一番の問題点は湿気を吸って素材が膨張する事ですので、基本的には風に当てて乾かすことが重要です。なかなか効果がない場合はドライヤーの風を当てる事も効果的です。乾燥については、場合によっては深刻なケースがあり、最悪の場合はひび割れたり変形してしまう可能性があります。乾燥といえば冬のイメージですが、暖房の風が直接当たったりするなどの極端な状態にさえ注意していればそれほど深刻な問題は起こりません。家具や家電の置き場所には注意して下さい。
日常的なお手入れは、木製家具だからといって特に神経質になる必要はありません。最も基本的なお手入れは極力よごさない事や、汚れてしまったらすぐに拭き取ることです。通常の汚れであれば中性洗剤を薄めて水拭きし、そのあと乾拭きすればOKです。傷がついてしまった場合は、市販の補修材を使用する事で目立たなくすることが出来ますし、ある程度の傷であれば味が出てより魅力的な家具になる可能性もあります。無垢材の場合はウレタン塗装やオイル塗装など塗装方法でお手入れ方法が違いますので、購入を検討される際にお手入れ方法まで含めて調べる事をおススメします。木製の家具のお手入れは、それほど難しいものではありませんので気軽に購入できます。価格帯も幅広いので、使用用途やお部屋のバランスに合わせてコーディネートしてください。

▲ ページトップへ